サイトタイトル TOP

イエロー色の化粧下地を使ってみよう

顔の赤みにプラスして、顔色を正常の肌色に近くさせる色合いを乗せる事と、綺麗な肌色にする事が出来ます。肌の赤みを利用し、それに他の色をプラスして効果を出す、という考え方です。顔の赤みが強い方にオススメのプラス色は、イエロー色です。イエローなんて乗せたら、顔が黄色くなっちゃうのでは?と思われるかもしれません。しかし、赤みが多い方には、たっぷりのイエロー色を乗せてあげると、赤みが消えて一般的な肌色になる事が出来ます。化粧下地には、ピンクやグリーン系が主流ですが、赤みの強い肌色には合いません。下地の色は、肌の色により変えてあげなくてはいけない事を、覚えておきましょう。逆に言うと、肌の色に合わせてカラーを選ぶと、顔色を綺麗にスッキリしてくれる、という事にあんります。

BBクリームを使ってみよう

BBクリームは、カバー力があるので、肌色に悩みのある人には適したクリームです。顔の色合いが気になる方は、bbクリームを使っている方が多いそうです。スキンケアの上に塗るだけなので、時短にもなります。BBクリームを肌全体に馴染ませ、その上からパウダーファンデーションを乗せると、この赤みを綺麗に抑える事が出来ます。しっかりメイク感が出てしまいますが、簡単に色味を抑える事が出来るので、どなたでもチャレンジする事が出来ます。

思い切ってイエロー系のファンデーションを使ってみよう

赤ら顔で悩んでいる方の中に、イエロー系のファンデーションを使い、赤色と相成って綺麗な肌色に仕上げている方がいらっしゃいます。下地と肌に優しいファンデーションをイエロー系にすると、更に赤ら顔が目立たなくなります。顔の赤い色というのは、予想以上にしつこい色合いで、少々違う色を乗せてあげても、肌が元々持っている赤みの方が勝ってしまう事があります。どのメーカーにも、イエロー系のファンデーションはありますので、選んでみてはどうでしょうか。

赤ら顔の方に摂取してほしい栄養素

赤ら顔の方は、血管の壁が弱くなっているケースが大半です。改善する作用を持っている成分は、ビタミンとミネラルです。ビタミンは、想像するような一般的なビタミンCです。レモン等の柑橘系、イチゴ等、積極的に摂取してみましょう。ミネラルは、ゴマなどに含まれているのが有名ですが、お肌に必要なミネラルは亜鉛と言われています。亜鉛は、綺麗になる為に欠かせない成分と言えます。女性には、嬉しい成分と言えます。細胞分裂に深く関わっており、お肌をはじめ、髪の毛や爪などを維持させる為に必要と言われています。我々が綺麗で居続ける為には、とっても必要な成分と言えます。牡蠣レバー、牛肉や卵に多く含まれています。